ワークショップで撮影

2009/07/11

かわいいのとノンジャンルをまとめて

前回はあんまりだったので気を取り直してかわいいのを。

Img_1970_small_2
げんき。

Img_2048_small
通路の両サイドからちょこんと。

Img_1866_small
いわゆる擬態タイプだけど、こんなに慎ましいと
仲間に入れてもらえてよかったね、と思う。


Img_2010_small
あれ?黄色い花?

Img_2011_small
隣のへちまと、たわむれていたんだね。


Img_1924_small
日陰でこっそりひとやすみ。


続いて、うまくジャンル分けができなかったけど
なんとも味のあるアロエ。

Img_1901_small
室外機と並んで。

Img_1902_small
寄りで。
室外機の前にひとつ小アロがいますね。


Img_1923_small
途中がもがれて、期せずしてやしの木のような形に。


Img_1968_small
柵がペットボトル!

Img_1969_small
ああ、なんて元気。

Img_2036_small
いきいきと。

Img_2038_small
どうなってるのか、よくわかんないけど元気。

Img_2039_small
みんなそろって光合成。
・・・・・・あ、ノンジャンルといいながら、元気くくりになってるねえ。


      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アロエという名のカオスの世界

Img_1904_small
ずーん。
のっけから負のオーラを漂わせていますね。
今回ずっとこの調子なので、元気のない方はご遠慮ください。


Img_2000_small_2
あーあ・・・・・・

Img_1999_small
引きはこんな。
もう、鉢が束縛にしか見えない。



Img_1978_small
市原悦子と呼ぶには、あまりに陰気すぎる。

Img_1979_small
もう、自力では立てないのではないですか?


Img_2001_small
室外機にもたれかかる。
泥なのか枯れなのか、色に生気がない。


Img_2028_small
「出してぇ!ここから出してぇぇぇ!!」


Img_1942_small
「もう、あたしなんて放っておいて・・・・・・」

アロエにアフレコする、というただでさえ暗い行為が
余計に辛気臭くなってきてますねー。

Img_1944_small
アップにするとこんなです。


Img_2032_small
緊縛。

Img_2006_small
触手が縦横無尽に伸びる。


Img_2025_small


Img_2026_small
!!
他の植物と共生→そいつだけ枯れる
 →アロエが養分を吸い取ったように見える 



最後は、このワークショップで出会ったアロエの中で
ナンバーワンの負のオーラを出していたこのアロエです。

Img_2043_small
この伸びっぷり、枯れっぷり、
それでもなお途中から葉が出ている強すぎる生命力・・・!

足元はこんな感じ↓
Img_2044_small_2
まだ、枯れる気なんてないの。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/07/05

寄りアロ特集

ここでは、アップで撮ったものを中心にお届けします。
余計なことは何も申し上げません。どうぞご堪能ください。


Img_1921_small

Img_1922_small

Img_1925_small

Img_1931_small

Img_1992_small

Img_1993_small

Img_2012_small

Img_2027_small


いかがでしたでしょうか。
とりあえず、ギザギザしていて怖いことはお分かりですね。
彼らは今日も、住宅街の片隅で生きています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/01

奔放すぎる生命力

塀の上からこんもりと覗くアロエ。

Img_1988_small
かなり高い塀(引きで撮るの忘れた)なのにこの勢い!
すぐ後ろに建物があり、かなり狭いスペース。
日当たりも悪そうなのに、よくぞここまで育ったものよ。

Img_1989_small
このはみ出しよう!

Img_1990_small
真下から撮るとこんなです。

Img_1991_small
そしてすぐ横もこの有様。
塀の反対側はどうなってるんだろう・・・・・・!


Img_2054_small
歩道沿いの生垣。
おそらく、誰かがもてあましてこっそり植えたのだろう。
先住者を押しのける勢いでワサワサと繁栄。

Img_2055_small
「ココハ ワレワレガ センリョウシター!!」


Img_2057_small
たくさん生えてるけど、最初から植えられてたわけではないと思う。

Img_2058_small
だって完全にエイリアン。

Img_2059_small
バイクと並ぶと大きさがわかりますね。

Img_2060_small
なんと、自生してるやつと植木鉢に入ったやつの盛り合わせでした。
誰だ!ここに置いた奴は!!


Img_2051_small
今回見つけた中で一番の生命力を誇っていたアロエ。
完全に柵を飲み込んでいる。
このお宅の住人には、色々と問いたいことがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/29

もしかして指定席

Img_1936_small
いきなり、「潜み系」のアロエから。
気付かずに通りすぎたらいきなり襲い掛かってきそうなこのアロエ、

Img_1937_small
実は玄関のまん前にいます。

ヤケドしたら玄関開けてぽきっと折ってすぐ治療・・・・・・
しているのかどうかはわかりませんが、目に付いたのが、
この「玄関開けたら2秒でアロエ」物件です。


もちろん元ネタは「玄関開けたら2分でご飯」だよ!

Img_1954_small
こちらはほかの植物と一緒に。


Img_1940_small
玄関にもたれかかるように。

Img_1941_small
近づくと、このとげとげしさ。
さながら番犬ならぬ番アロエ。
迷惑なセールスマンも撃退だ!
(迷惑なアロエカメラマンは近寄っていますが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロエのダイバーシティ

育児中の方や障害のある方。
さまざまな方が協力しあって働ける職場を!
なんて企業のダイバーシティが問われる今日この頃。

職場の人員構成にお悩みの経営者さん必見のアロエですよー。
(↑もうお気付きでしょうが適当に書いています)

Img_1951_small
ちいさな鉢のなかにハーブらしき葉っぱと共生するアロエ。
いろんな種類が一緒に光合成。
右隣の立ち枯れ気味のプチトマトもいい感じですね。


Img_1895_small
クローバーとの見事なフュージョンっぷり。


Img_1962_small
Img_1963_small
どちらかというと擬態かな。


Img_1964_small
Img_1965_small
引きと寄りでお届けしています。

Img_1987_small
Img_1986_small

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/27

闇にかくれて生きる♪生きる♪

おれたちゃ よーうかーい にんげん なーのーさー♪

「妖怪人間ベム」の歌が似合いそうなアロエ達。

Img_1982_small

Img_1955_small
手前の植物の茎が、一瞬有刺鉄線に見えてしまう。


Img_1947_small
道を歩いていると、突然襲われそうな感じ。

Img_1948_small_2
「ダークアロエが あらわれた!」


Img_1966_small
さーて、自転車に乗ろうかしら、とか思うと、

Img_1967_small
逃げてぇぇぇぇぇ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

擬態するアロエ

Img_1928_small
玄関前の段差を活かして植木鉢を並べているお宅。

さりげなくひとアロ混ざっています。
Img_1927_small_2
あんた、隠れきれていないよ。


Img_1971_small_3
わかるかな。


Img_2022_small_2
似た形の葉っぱとならんでますが、

Img_2023_small
近くで見るとすさまじい違和感。

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

足元をすくう

最初はアロエ本体ばかり見ていたのですが、徐々にシチュエーションなど、周辺にも目が行くようになりました。

そこで衝撃の1枚がコレ。

Img_1930_small
は・・・発泡スチロール!
しかもなにこの朽ちっぷり。
当の本人(アロエ)は意に介した様子もなく、元気に光合成。


Img_2040_small
手前から、植木鉢、植木鉢、たらい。


Img_2052_small
こちらは植木鉢ですが、崩壊。
きっとそのうち完全に割れて大地に根ざすんだと思います。


Img_1980_small
まともな鉢。
・・・・・・と思いきや、高さのチョイスが明らかにおかしい。


Img_2047_small
発泡スチロールだけどちょこんとかわいい好例。


Img_2008_small
味噌自慢!
横綱級の貫禄を醸し出しています。


Img_2037_small
まさかの植木鉢in植木鉢。
嫌なら嫌ってはっきり言っていいと思うよ・・・?


愛されてるのかそうでないのか、だんだん不安になってくる彼ら。
水とかちゃんともらえてるのかなー。
そんな人間の思惑とか、たぶんどうでもよくて、
たくましく元気に生きているアロエ。
100年に1度の経済危機を乗り切るヒントは、
彼らの生き様にあるのかもしれません(適当)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/26

市原悦子大特集

何を言い出すんだとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、これをご覧ください。

Img_2018_small
「あら・・・・・・まぁ。」

そう、「家政婦は見た」。
襖の陰からそっと覗いているイメージです。


Img_1972_small
ほら、覗かれてる気分になってくる。



Img_2005_small
じぃっ。

Img_2004_small
通り過ぎてもまだ見られてる。


Img_1959_small_3
時には集団で。
「ざわざわ・・・ざわ・・・」(←カイジ)とか言ってる気もする。


ワークショップで色々な方の発表を見ていて思ったのですが、
同じ室外機を撮った方でも視点が全然違うんですね。
厳密に設置形状を見た目で判断していく方と、
「エリート」と「陰」という、主観というか物語で判断する方と。

後になって思ったんだけど、これって理系と文系の視点ですね。
どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、全然違うものだな、と。
発表された方に出身学部や得意科目を聞いてみたい。

翻って自分はどうかという話ですが、
この「市原悦子」でお分かりいただけるように文系です。
文学部で、専攻は演劇。
一番好きな科目は古文です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧