トップページ | 2009年7月 »

2009/06/29

もしかして指定席

Img_1936_small
いきなり、「潜み系」のアロエから。
気付かずに通りすぎたらいきなり襲い掛かってきそうなこのアロエ、

Img_1937_small
実は玄関のまん前にいます。

ヤケドしたら玄関開けてぽきっと折ってすぐ治療・・・・・・
しているのかどうかはわかりませんが、目に付いたのが、
この「玄関開けたら2秒でアロエ」物件です。


もちろん元ネタは「玄関開けたら2分でご飯」だよ!

Img_1954_small
こちらはほかの植物と一緒に。


Img_1940_small
玄関にもたれかかるように。

Img_1941_small
近づくと、このとげとげしさ。
さながら番犬ならぬ番アロエ。
迷惑なセールスマンも撃退だ!
(迷惑なアロエカメラマンは近寄っていますが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロエのダイバーシティ

育児中の方や障害のある方。
さまざまな方が協力しあって働ける職場を!
なんて企業のダイバーシティが問われる今日この頃。

職場の人員構成にお悩みの経営者さん必見のアロエですよー。
(↑もうお気付きでしょうが適当に書いています)

Img_1951_small
ちいさな鉢のなかにハーブらしき葉っぱと共生するアロエ。
いろんな種類が一緒に光合成。
右隣の立ち枯れ気味のプチトマトもいい感じですね。


Img_1895_small
クローバーとの見事なフュージョンっぷり。


Img_1962_small
Img_1963_small
どちらかというと擬態かな。


Img_1964_small
Img_1965_small
引きと寄りでお届けしています。

Img_1987_small
Img_1986_small

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/27

闇にかくれて生きる♪生きる♪

おれたちゃ よーうかーい にんげん なーのーさー♪

「妖怪人間ベム」の歌が似合いそうなアロエ達。

Img_1982_small

Img_1955_small
手前の植物の茎が、一瞬有刺鉄線に見えてしまう。


Img_1947_small
道を歩いていると、突然襲われそうな感じ。

Img_1948_small_2
「ダークアロエが あらわれた!」


Img_1966_small
さーて、自転車に乗ろうかしら、とか思うと、

Img_1967_small
逃げてぇぇぇぇぇ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

擬態するアロエ

Img_1928_small
玄関前の段差を活かして植木鉢を並べているお宅。

さりげなくひとアロ混ざっています。
Img_1927_small_2
あんた、隠れきれていないよ。


Img_1971_small_3
わかるかな。


Img_2022_small_2
似た形の葉っぱとならんでますが、

Img_2023_small
近くで見るとすさまじい違和感。

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

足元をすくう

最初はアロエ本体ばかり見ていたのですが、徐々にシチュエーションなど、周辺にも目が行くようになりました。

そこで衝撃の1枚がコレ。

Img_1930_small
は・・・発泡スチロール!
しかもなにこの朽ちっぷり。
当の本人(アロエ)は意に介した様子もなく、元気に光合成。


Img_2040_small
手前から、植木鉢、植木鉢、たらい。


Img_2052_small
こちらは植木鉢ですが、崩壊。
きっとそのうち完全に割れて大地に根ざすんだと思います。


Img_1980_small
まともな鉢。
・・・・・・と思いきや、高さのチョイスが明らかにおかしい。


Img_2047_small
発泡スチロールだけどちょこんとかわいい好例。


Img_2008_small
味噌自慢!
横綱級の貫禄を醸し出しています。


Img_2037_small
まさかの植木鉢in植木鉢。
嫌なら嫌ってはっきり言っていいと思うよ・・・?


愛されてるのかそうでないのか、だんだん不安になってくる彼ら。
水とかちゃんともらえてるのかなー。
そんな人間の思惑とか、たぶんどうでもよくて、
たくましく元気に生きているアロエ。
100年に1度の経済危機を乗り切るヒントは、
彼らの生き様にあるのかもしれません(適当)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/26

市原悦子大特集

何を言い出すんだとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、これをご覧ください。

Img_2018_small
「あら・・・・・・まぁ。」

そう、「家政婦は見た」。
襖の陰からそっと覗いているイメージです。


Img_1972_small
ほら、覗かれてる気分になってくる。



Img_2005_small
じぃっ。

Img_2004_small
通り過ぎてもまだ見られてる。


Img_1959_small_3
時には集団で。
「ざわざわ・・・ざわ・・・」(←カイジ)とか言ってる気もする。


ワークショップで色々な方の発表を見ていて思ったのですが、
同じ室外機を撮った方でも視点が全然違うんですね。
厳密に設置形状を見た目で判断していく方と、
「エリート」と「陰」という、主観というか物語で判断する方と。

後になって思ったんだけど、これって理系と文系の視点ですね。
どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、全然違うものだな、と。
発表された方に出身学部や得意科目を聞いてみたい。

翻って自分はどうかという話ですが、
この「市原悦子」でお分かりいただけるように文系です。
文学部で、専攻は演劇。
一番好きな科目は古文です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/25

はみアロエ

すくすく伸びたが故に、はみ出してしまったアロエ達。

Img_1898_small_2

Img_1899_small

Img_1900_small

これ個人的に好き。
Img_1934_small
真ん中にちょこんと出ているのがアロエ。


Img_1949_small
この生命力がアロエの醍醐味です(いま決めた)。


Img_1950_small
これは厳密にははみ出していない。
アロエはみ出す5秒前。


Img_2019_small
これはかわいい。


Img_2020_small

Img_2021_small

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/24

あいらしき小アロの集い

小アロ、読みはもちろん「コアロ」。

数あるアロエ写真の中でもとくにかわいいものを集めました。

Img_2046_small

Img_2007_small

Img_1994_small

上から見るとこんな感じです。
Img_1995_small

Img_1896_small
緑の三連星。
並んでもかわいい。

Img_2029_small_2 
トップにも使ったこちらは、
ワークショップ中に店のおっちゃんが「何撮ってるんだ」と聞く

ほかの方「空き缶です」
わたし「アロエ撮ってもいいですか?」

おっちゃん「そんなものよりこっちの酒(久保田)はね・・・」

一同無視
・・・・・・というどうでもいいエピソードがありました。
おっちゃん、ご自慢の久保田もちゃんと載せましたよ。

Img_2030_small
ひとつ置いてもうひとアロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/23

プロローグ

きっかけはライター、大山顕さんのワークショップでした。

Sore

序盤にこのなんともいえないアロエを見つけたがために、2時間半アロエを撮り続けてしまいました。

予想以上の数の多さ、バリエーション、奔放な生命力。

気がついたら、アロエを見つけると「あった!」ではなく「いた!」と反応してしまう自分がいました。


そして満足した帰り道、最寄のバス停を降りた瞬間、
目に飛び込んでくるソレ。

Busstop


いつものバス停のはずなのに。
外そうとしても外れないドラクエの呪いアイテムのように、
わたしにはアロエセンサーが搭載されてしまいました。


翌日、アロエセンサーを搭載した目で歩くと、近所はアロエのパラダイスでした。

愛すればいいのか、ツッコめばいいのか、まだスタンスを決めかねています。
ただ、気付いたら2日間で200枚以上アロエの写真を撮っており、
それらがかなり面白いのは事実なので、こうしてまとめることにしました。
この先どうなるかはまったく不明です。


↓そして、バスを降りてから買って帰ったモノ
Img_2065_small

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年7月 »